エクスパンショナルピラティスについて

エクスパンショナルピラティス™とは、西海岸スタイルのピラティスを複数の団体から学んだ葉坂太軌が、ボディワークの世界的権威であるエド・モーピン博士が提唱するコンセプト(エクスパンショナル・バランス)を体現した新しいスタイルの進化するピラティスです。

一般的な筋肉の使い方である短縮性収縮ではなく、より身体のしなやかさと伸びやかさが手に入る遠心性収縮に焦点を当てて組み立てられています。グループレッスンではトレーニングの前に、EPAセルフリリースメソッド™をおこない、複数のボールなどを利用して身体の中にある緊張を緩めていきます。より身体の緊張から解放された状態を作り出し、西海岸スタイルのピラティスの特徴でもあるプレピラティスで動作の正確性を養い、その後よりダイナミックなピラティスの動きをおこないます。エクスパンショナルピラティス™によって動きの質と技術™を追求することで、身体は内側から改善されていきます(内側からの改革™)。

腰痛や肩こりの解消などのセラピー的な効果、そして姿勢改善、パフォーマンスの向上などのトレーニングとしての効果を同時に手に入れることが可能です。また、心理セラピーとしての効果も期待できます。

「すべての関節が開き、屈筋と伸筋のバランスが取れた時、拡張(エクスパンション)が中心から起こります。身体の表面はもはや感じることを遮るものではなくなり、その人は自分を閉ざしている人のように洞窟の隙間から世界を覗き見ているのでもありません。このような身体は、満足感や楽しさが感じられるので、喜びの世界にいるのです。」(エド・モーピン博士)

エド・モーピン博士は米心理学会で初めて禅についての研究を発表した将来を嘱望された心理学博士でした。博士はボディワークに心理的な効果を見いだし、以降半世紀以上、ボディワーカーとして人生を送っています。エクスパンショナルピラティスも心理的な観点にも着目しながら、博士が言うところの「身体に基づいた心理学者」としての側面からも体系化されています。

一般的なグループレッスン形式のエクスパンショナルピラティス™の他に、マンツーマンで施術ベッドやピラティス専用のマシーン(イクイップメント)を使っておこなう個人セッション、また、講座形式でエクスパンショナルピラティス™の動きを学んでいくピラティスエクスパンション™があります。

  • エクスパンショナルピラティス™(グループレッスン)
    →ヨガ&ピラティススタジオ ダゴバボディワークス(梅田、大阪市北区曽根崎)
    →ティップネス丸の内スタイル(東京、丸の内)
    →その他(代々木、名古屋、沖縄etc)
  • エクスパンショナルピラティス™(個人セッション)
    →ピラティススタジオ ダゴバ(梅田、大阪市北区曽根崎)
    →ダゴバボディワークス東京(北参道、渋谷区千駄ヶ谷)
    →その他(名古屋、沖縄)
  • ピラティスエクスパンション™(講座)
    →ヨガ&ピラティススタジオ ダゴバボディワークス(梅田、大阪市北区曽根崎)
    →赤坂会場(赤坂、港区赤坂)
    →その他(名古屋、沖縄)