toggle
BLOG
2017-05-25 | 未分類

テニスボールでのリリース道具の作り方

【用意するもの】
・一般的なテニスボールを2つ(http://amzn.to/2qNtB1l
・テーピング用のテープ(http://amzn.to/2nTNcvF

【順番】
1.テニスボールを2つ並べて、それらを固定させることを目的にアンカー(下地)を作ります。写真のように(縦に)1周巻きます。ハサミで切って、テープがボールにきちんとくっつくようになじませます。そこからまた、同じように2枚目のアンカーを1周させ、ハサミで切って固定させてください。テニスボールの黄色い色はほぼ見えなくなり、ボールがある程度固定された状態になります。

2.次に、少し角度をつけた状態で、写真のように(横に)ぐるぐると巻いていきます。ボールを身体に当てて転がしたりしても、このテーピングが剥がれてしまわないように、しっかりと巻きます。テープがきちんとくっついた状態になるようになじませてください。

 

3.最後にテニスボールとテニスボールの間に(横に)一周させてテープを切って、固定して完成です。
写真では、太さ50mmのものを約3m弱を使用して完成させました。

【この道具を使うリリース方法】
・脛の前側(前脛骨筋)のセルフリリース ※第2ステージで行ないます。
・後頭下筋群へのセルフリリース ※10シリーズで行なう予定はありませんが、自宅でリラックスする際にお薦めです。

ピラティス・エクスパンション10シリーズ

先日、ピラティス・エクスパンション10シリーズの案内を初めて行いました。友人の高石宏輔さんから、「ピラティスのグループレッスンではないピラティスを対複数の人達に伝える機会を作ってはどうか」という提案を何度か頂いて、パズルの最後の1ピースがある瞬間かみ合った感覚が訪れて、この講座をリリースするに至りました。

エド・モーピン博士が教えてくれたストラクチュアル・インテグレーションは10回から成り立ちます。10回という数字にも、彼は意味があるのだと教えてくれました。そして、彼はアイダ・ロルフ博士とマイケル・ネバドンというダンサーから学ぶ中に見つけたコンセプトをエクスパンショナル・バランスと名付けました。ピラティスというコンテキストの中で、エクスパンショナル・バランスを作っていこうというこの数年続けてきた挑戦が、ようやく1つの形として世の中に提示することができます。ピラティス・エクスパンション10シリーズも、全10回から成り立ちます。マット上で行なう、グループクラスです。

初回はキャンセル待ちになっていますが、次回は5月開催で行なう予定です。

Pilates Expansion 10series
https://www.facebook.com/pilatesexpansion10/

今後、Facebookページで講座の開催案内は発信していくつもりです。興味がある方は、フォローしておいてください。

ちなみに募集していないのですが、どういったものなのか想像して頂きやすいと思いますので、第1ステージの告知文を貼っておきます。

【ピラティス・エクスパンション10シリーズ】

ピラティス・エクスパンション10シリーズは、10回の講座を通じて、心身をより快適な状態に変容させることを目指しています。

第1ステージ
■下半身のつながりをつくる
-体幹と下肢の連結、呼吸イントロダクション-

このステージでは、「足(foot)」と「脚(leg)」に着目します(体幹と下肢の連結)。またあわせて、「呼吸」に対しても気づきを持っていきます。

私たちは多くの時間、立ったり歩いたり、また椅子に座ったりして、日々の生活を送っています。立ったり歩いたりしている時、そして、座っている時ですら、重要な関節があります。
それは、体幹(胴体)と下肢(脚)のつなぎ目ともいえる「股関節」です。この股関節の状態を良くしていく、体幹と下肢のつながりをより良くすることが、まず第1ステージでの最大のテーマです。

股関節はしっかりとした安定性の高い構造になっていますが、より高いレベルで連結させていくことを第1ステージでは目指します。

木々が枝葉を伸ばしたり、深く根を伸ばしたりするように、私たちの身体も中心から外の世界、空や地面に対して、広がっていきます。中心から外へ伸びていく中継地点である股関節の状態が良くなると、立ち姿がより自然で美しいものに変化します。
それは「インナーマッスル」と呼ばれる、ピラティスやボディワークで重要視している身体の深層部、核(中心)となるエリアを鍛えることでもあります。「インナーマッスル」は、じつは股関節の関係性が良くないと、機能しないことがわかっています。
それらがより機能し、姿勢もより美しくなればなるほど、それに応じて気分も良くなり、余裕が生まれてきます。

そして、第1ステージでは、「足」にも注目し、足の骨の位置をあるべきところに近づけながら、本来持っている繊細な感覚を呼び戻すことにもチャレンジしていきます。足は地面だったり、自分と外の世界とをつなぐ重要な接点になります。足底(足裏)は、本来、手のひらと同じようにとても繊細な感覚を感じられるエリアです。
ですが、私たちは靴を履くことで、知らないうちに足裏の感覚を忘れてしまっています。足の感覚を感じられるようになると、しっかりとグラウンディングできていて、地に足のついた感覚が取り戻されます。落ち着いた気分や自分の中にある本来の強さがわき上がってきます。

最後に、「呼吸」です。
ピラティス・エクスパンション10シリーズでは、10回を通じて、身体を内側から改革していくことを目指していきます。そのための重要な鍵が、呼吸です。一般に多くの人は深呼吸することで、自分自身がリラックスすると思っています。ですが、残念ながら深く息を吸った時に肩が上がってしまっていたり、胸が反りあがった感じになっていると、リラックスをしたいという意図に反して、身体はより緊張した状態になってしまいます。

肩が上がらずに、胸が反り上がったりせずに、快適に呼吸をするための方法があります。その方法について、学んでいきましょう。普段の生活の中で、1日2万回以上も意識せずに繰り返している呼吸の質が高まることで、より快適に日々を過ごすことができるようになります。

全10回シリーズの第1回目です。
運動から何年も離れている人をはじめ、どんな人にも楽しんで参加してもらえるように構成しています。